1.ニューアルバムが遂にリリースされましたね。おめでとうございます! あなたがとてもリラックスしてハッピーに聴こえる、というのが私の第一印象でした。 今は万事順調に事が運んでいますか?


うん、これ以上ないくらいハッピーだよ!まるで離婚でもした後のような気分なんだ。具体的に何に別れを告げたのか分からないんだけど・・・。


2."I Liked It Better When You Had No Heart (自己中だった頃の方が良かったのに)"というタイトルは意味深ですね。何故このタイトルにしたのですか?


つくづくヒトっていうのはロクでなしが好きなんだな、と思ってさ。『自分以外はみんな嫌い』なんて態度の奴らだけが人気者になるんだ。


3.このアルバムはバンドと一緒に短期間で録り終えたと聞きました。実際はどのような感じだったのでしょうか?ソロアルバムのレコーディングとは違いました?


みんなでライヴ録りをしたら、凄く良いものが出来たんだ。ずっと自分だけで一度に色んな楽器を使ってレコーディングしてきたから、今回は本当にとても楽しかったよ。


4.スペシャルゲストは参加していますか?弦楽器を演奏しているのは誰ですか?


今回はthe Black Widows (バンドメンバー) だけだね。弦楽器は親友のRob Mathesとロンドン交響楽団がロンドンでレコーディングしたんだ。


5.楽器の質問が続きますが、最近気に入っているという『バンジョリン』とはどんな楽器なんでしょう・・・?


スケール(音階)もチューニングもマンドリンと同じなんだけどボディはバンジョーで、とても味わい深いサウンドを出すんだ。 バンジョーの音が欲しいけど練習するだけの根気はない、なんていう時にも最適だね。*


6.若いファンにはレコードプレーヤーを持っていない人達が多いと思います。それでもやはり今作はアナログ盤で聴いてもらいたいですか?


これはまさにアナログ盤で聴くためのアルバムだと思ってるよ。最近じゃラウドで凝った音楽ほど良しとされてるけど、それってくだらないよな。 デジタル音楽はビニール盤と比べるとかなりキツく響くんだよ。大きくなってから何年も耳に悪い音楽をずっと聴いてたお陰で、聴覚や集中力に支障が出ているから分かるんだ。


7.どの曲がライヴでのお気に入りになりそうですか?"Days/Months/Years"あたりも楽しそうですね。


その曲をライヴでプレイするかは微妙だな。好きなんだけど、"Pretty Melody"と"Canadian Ten"ほどエキサイティングじゃないんだよね。 この2曲は“ロック”ではないけど、こういう心地良い音楽が好きなんだ。


8."Be Good Until Then"は息子さんのために書いた曲だそうですね。子を持つ親の気持ちは想像できるのですが、実際に子供が出来てどのように人生が変わりましたか?


彼は俺の全てだよ。あの子に注いでいる愛情より大きなものはないね。本当に素晴らしい子なんだ。 ただ良い人間に育ってくれればいい。親父は俺のことを誇らしく思ってくれているんだけど、同じように息子が俺の誇りになってくれたら、もうそれだけで十分だよ。**


9.何年も前からチャリティー活動に参加していますが、きっかけは何だったのでしょう?


年を重ねて父親にもなると、それまでよりずっと自己中心的じゃなくなるのさ。俺は若い頃は随分と身勝手だったから、過去の埋め合せをしたいと思っているんだ。***


10.最後はイエスかノーで答えてください(笑)。「今年は本当に日本に戻ってきますか?」近いうちに日本のファンがあなたのライヴを観られる日が来ると良いのですが・・・。


YES!!!!!!


2010年2月27日



*一般にバンドリンと呼ばれるものかもしれません
**もうすぐ3才になる愛息について語ってくれました
***実際は父親になる以前から様々な慈善活動に参加してます


BIG THANKS to Butch Walker and Jonathan Daniel (CRUSH Music Media Management) for being very generous. :D



I Liked It Better When You Had No Heartニューアルバム (ソロ転向後 5 枚目)
I Liked It Better When You Had No Heart
ただいま輸入盤が好評発売中!
purchase the record on iTunes Store!!